山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 4月の山歩き/その2

<<   作成日時 : 2015/04/30 14:47   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 2

 前半は寒い日や雨の日が多かった4月ですが、20日過ぎから急に暖かくなって好天気が続くようになり、夏日も記録するようになってきました。
 残雪期の心地よい山歩きを楽しんだ、4月後半の記録です。

◆4月17日(金) 嵩山(たけやま・群馬県中之条町)・789m 会山行/19名 晴れ

 新潟を出るときは小雨が時折降る天気、登山口に着いても小さな雨が・・・雨合羽を着ての出発となりましたが、ほどなく止んで気温も上がり、明るく広がる空とともに快適な山歩きとなりました。
 かって大昔は信仰の山、戦国時代は山城があり戦闘によって落城するという歴史の山でもありますが、山中に33体の観音様が点在する静かな山となっています。

 現地ボランティアの方のご案内で登りだし、岩の積み重なる山をあっちへ行ったりこっちに廻ったりしながら・・登山と云うよりも観音様巡りの一日でした。
 狭い岩山を鎖を頼りに登る個所も多くあり、それぞれに名の附いた「蝙蝠穴・天狗の広場・不動岩・実城・大天狗岩(嵩山山頂)・経塚・弥勒穴」などの地点をめぐりました。
画像
 (地元ボランティアの方から、丁寧な説明を頂きました)
画像
 (山上から下界を望む、迫力があります)
 厳しくそそり立つ岩山だけに展望する下界の風景も素晴らしく、ボランティアさんの説明を聞きながら時には緊張し、時にはワイワイと賑やかに山中を歩きました。
画像
 (城跡に建つたくさんの地蔵さま)
 地図も持っていたのですが、アチコチと廻るもんだから、どこをどう歩いたのか道順などは全然頭に入りません。案内して頂く方がなければ、到底巡りきれない山でした。
画像
 (スリルある岩登りも何箇所かに)
画像
 (弥勒菩薩さま)
 下山後は、道の駅に設けられた蕎麦どころでの、「蕎麦打ち体験」です。
蕎麦粉をこねて細く切り、係の方の指導を受けながらなんとか形とし、仕上げは自分たちの作った蕎麦を美味しく戴きました。山と蕎麦打ち体験の楽しい一日でした。

◆4月25日(土) 櫛形山脈縦走・568m 会山行/61名 晴れ

 例年、この時期に行われる恒例の山行に参加しました。
晴れわたって青い空、寒くもなく暑くもなくの絶好の天気の下、登山口に集まったのは61名の参加者です。30人〜40人程度の会山行は時々ありますが、60名を超える参加者は記憶にありません。

 「日本一小さな山脈」と銘打つこの山脈、鳥坂山・439m〜櫛形山・568m〜大峰山・400m〜願文山・248m〜桜公園を約8時間かけて歩きます。低山とはいえ、長い道中なので気合いを入れての参加です。
 出発は北端の胎内観音駐車場から。30分ほどのこのコース一番の急坂を登り切り、まずは最初の鳥坂山から下界の風景を楽しんでから、本格的に縦走に入ります。
画像
 (新緑の縦走路を行く)
 よく手入れされた縦走路、新緑の心地よい青葉、メンバーの楽しい会話を聞きながら順調に歩きます。
タムシバ、山桜、マンサクなどの木々も迎えてくれ、足元には春の花々が次々と現れて私たちの歩きを応援してくれます。
画像
 (空は青、緑濃い登山路はまことに気持ち良い)
画像
 (櫛形山からは飯豊連峰もスッキリと・・)
 途中でゆっくりと時間をとっての昼食を楽しみ、櫛形山では飯豊連峰の雄姿を眺め、道々現れたコシアブラなどを採りながら、みんなの足も揃って快適な歩きが続きました。
 大峰山を経由し願文山を越えて、最後の仕上げは桜公園で満開の桜を見て、今日の山行が終わりました。
画像
 (終点の桜公園、緑の桜が満開でした)
 毎春にこの縦走を企画して頂くS/Iリーダーは、この山をこよなく愛し、登山道の手入れなどにも日常的に尽力されています。
 お陰さまで、私たちはなんの苦労もなく、ただただ楽しい思いだけをさせていただき、まことにありがたく感謝しかありません。
 今年もこうして、とても気持ち良い天候にも恵まれて全員が完登できたのも、偏にIリーダーのご努力があればこそと大感謝です。大変ありがとうございました。

◆4月29日(祝) 二王子岳・1420m 5名 晴れ
 
 新潟県下越地方には、地元の方からとても親しまれ登られている名山が幾つかありますが、中でも飯豊の前衛峰ともいわれる二王子岳は、その風格と云い登り甲斐と云い素晴らしい山です。さらには、山頂から指呼の間に臨む飯豊連峰の雄大さも味わえる魅力たっぷりの山なのです。

 どのシーズンに登っても満足ですが、特に残雪期に登る二王子岳が一番であり、自分は毎年この時期に登っています。
 今年は会の女性4人を誘って、登山口の二王子神社を7:45に出発しました。
画像
 (二王子神社の前広場から出発)
画像
 (新緑が素晴らしい!)
 人気山なので駐車場は満員、私たちの前後にも幾組かの登山者、団体で登る山岳会もありました。
3合目・一王子神社までは雪を踏むことはありませんでしたが、その先からはたっぷりの雪、全行程ともしっかり固まった雪上歩きとなりました。
画像
 (ポールは1mの積雪を示しています)
 5合目の定高山・994mのポールは積雪1mを示していました。
快晴の天気、時々はそよ風も吹きますがとても暑い!、登りだしてほどなく半そでTシャツとなって頑張ります。
時々、雪上を渡ってくる風はとても爽やか、順調に高度を上げて7合目に来れば、遠く朝日連峰が望めます。後方の新発田方面から日本海の風景も素晴らしい!
画像
 (快適な雪上歩き)
 ちょうど4時間、11:45山頂着。
「凄いわぁ〜、来てよかった!」女性陣からは感嘆の声が挙がります。目の前には飯豊連峰の大きく迫力のある姿が、デ〜ンと迫ってくるのです。一点の曇りもない青空と少しのガスもかからない飯豊、何度も見ていますがこんなにスッキリと見えることはあまりありません。
今日、登って本当に良かった!
画像
 (飯豊本山方向)
画像
 (門内、頼母木方面)
 山頂にはたくさんの人たち、会の人にも3人会いました。私たちも一角を頂いて昼食とします。
苦労して登った甲斐があった!、飯豊の大迫力を望みながらの食事はとても楽しいものでしたが、ちょうど1時間休んで、12:45飯豊の姿をじっかりと目に焼きつけてから下山にかかりました。
画像
 (たくさんの人が賑わう山頂)
画像
 (杁差岳方向、杁差小屋も見えます)
 堅く締まった雪の上を歩くのは、とても楽しい!、急斜面では尻セードを楽しんだりしながら快適に下山、下りは2時間ちょっと、14:50二王子神社に下り着きました。
 最高の天気に登って最高の展望を得た、満足感いっぱいのとても充実した二王子岳残雪期登山でした。今度登るのは、秋の紅葉シーズンになることでしょう。 (おわり)





 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
4月も終わりましたね〜〜
寒い、雪がある、なんて思っている内に初夏か!と感じるようになり、慌てています(何を慌てている?)
これからの季節は、山の選択肢が広がりますね。
迷います、こっちか?あっちか?
櫛形山脈は縦走は出来ないけれど、ピストンで行ける範囲。
二王子岳も永らくご無沙汰なので・・・
県外も良いけど、連休中には、山いろいろ様や会のHPなど参考にさせて頂いて、行ってみようかな!
noritan
2015/05/01 03:54
noritan様
初夏到来ですねぇ〜、少しワクワクします。いよいよ夏山の計画など考えないと。
その前に、県内の残雪期歩きを楽しもうと思っています。
山いろいろ
2015/05/01 11:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
4月の山歩き/その2 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる