山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 西蒲三山縦走・・・12時間の歩き

<<   作成日時 : 2015/04/02 14:57   >>

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 4

 新潟楽山会の会山行は年間220件ほどありますが、中には名物山行?的な特徴ある会山行が幾つかあり、例年実施されています。
 今回は、その中の「西蒲三山縦走」に参加しました。新潟市西蒲区〜弥彦村〜長岡市にまたがる角田山〜桧曽山〜多宝山〜弥彦山〜雨乞山〜国上山を12時間ほどかけて縦走するマラソン山行です。
 中でも西蒲原地方の代表的な三山(角田山・弥彦山・国上山)から”三山縦走”と名付けたのでしょう。
画像
   (歩いたコース・1、クリックで拡大!)
画像
   (歩いたコース・2)
画像
   (歩いたコース・3)
 3月28日(土)は願ってもない好天気、寒さも感じません。角田浜の集合場所を5時に出発、舗装路を20分歩いて宮前登山口5:25分出発です。 
 やっと足元が見える程度の明るさも、登るほどに日が射してきてみんなの顔も朝焼けに輝くようになってきます。
画像
   (朝陽が射してきて、一層の元気が出てきます)
画像
   (快適に登り続けます)
 43名(男22:女21)の団体がユキワリソウに慰めながら登って、6:40角田山山頂に到着。持参の朝ごはんを食べて五ヶ浜登山口へ下山。
画像
   (角田山頂から五ヶ浜目指して出発)
画像
   (五ヶ浜登山口に到着)
 次に登ったのは、なだらかな気持ちよく歩ける道が続く桧曽山です。今回の道中は、アチラ此方にいろいろな花が出現しますが、特にここではユキワリソウ、ヤブ椿、オーレン、ネコノメソウ、ヤブラン、カタクリなどの花が次々と現れて楽しませてくれます。
画像
   (気持ちの良い登山道を進みます)
 この時期にしては汗ばむほどの天気、登山道も乾いていて歩きやすく、みんなの声も弾みます。しかし、なんと言っても今日のコースは長丁場、和気あいあいとした雰囲気の中にも緊張感が漂います。
 それぞれに、今日のコースを完登してこれから始まる山シーズンに弾みをつけたいと思っているのです。
 桧曽山の終点は弥彦スカイラインの石瀬峠です。まだまだ先は長い!、しばし休憩の後、多宝山の登山口へと向かいます。
画像
   (石瀬峠にて休憩)
 急坂の続く多宝山の道は、今回のハイライトでもあり、流石にキツイ!
辛い登りの最後、山頂直下にはまだ雪が・・・、今回歩いたコース中で雪を踏んだのはここだけでした。
画像
   (多宝山への急坂を登る)
画像
 (山頂は目の前。唯一、ここだけ雪を踏みました)
画像
   (多宝山から弥彦方面を望む、まだまだ遠い!)
 多宝山を登り、一旦下ってスカイラインを跨いで今度は弥彦山、売店のベンチで昼食を済ませてから弥彦山頂に到着です。
 ここまでくればコースも半分以上来たであろうと思われるし、気も緩みそうになりますが、疲れも出てきていることだし気を緩めてはけがの元!、みんなで励ましあいながら先を急ぎます。
画像
   (弥彦山頂、この先の安全を祈願します)
画像
   (雨乞山から、来し方・弥彦方面を望む)
 やがて到着は雨乞山、アンテナの立つ山頂で小休止の後、黒滝城址を目指して出発!
少し林道を歩いてから、最後の難関である黒滝城址への急坂を登りますが、この時点で3名の方がリタイアとなりました。
 息を切らせてジグザグに切られた急坂を登った先には、大蓮寺郭跡の展望台があります。眼下に越後平野、その向こうに五頭連峰や菅名山塊、白山、粟ヶ岳などの山々が白く光っています。
画像
   (展望台・大蓮寺郭跡)
画像
   (越後平野越しに山並みを見る)
 展望を楽しんだ後は、黒滝城址を越え次の剣ヶ峰と進む予定でしたが、時間が押しているのでリーダー判断により剣ヶ峰はパスし、平坦な林道経由で国上山を目指すことになりました。
 12時間も歩くとさすがに疲れもピーク、なんでもない国上山への登りもやっとの思い、それだけに山頂に着いた時は「終わった〜、もう登りは無いんだ!」との思いがまず出ます。
画像
   (最後のピーク・国上山頂の広場)
 山頂で集合写真を撮って後、国上寺目指して下るだけ。ルンルンと満足感いっぱいで、16時45分、バスの待つ国上寺駐車場へと下山しました。
画像
 (たくさんの出会った花々、団体故に撮りこぼしも多かった)
 みんな満足感の溢れる顔ばかり、バスに揺られて車を置いた角田浜へと帰りつきました。
今年も歩けた!、だけど来年はどうだろう?。また来年もこのコースを歩くことを目標の一つにガンバローと思います。
 リーダーはじめ、励ましあって歩いた仲間たち、有難うございました。 (おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
その節はお世話になりました。
途中挫折のショック後遺症は大きいですが・・・
致し方ありませんね。
会の健脚者揃いだと思いました。
確かにこのコースを歩ければ、今年はどんな山でも行ける自信はつきますね。
noritan
2015/04/03 06:22
noritan様
 誰でも体調の悪いことはあります。そんな時は無理せず、リタイアも安全管理の一つの手法ですのでうまく使いましょう。
 かくいう自分も数年前には腰痛発症のため、途中リタイア経験があります。いずれにしても無理は禁物!、あまり気にしないで下さい。
山いろいろ
2015/04/03 09:47
山いろいろ様 西蒲三山縦走すごいですね。12時間を
43名で皆さんの足並みを揃える山いろいろ様の指導力は
素晴らしいですね。落ちこぼれが3人は仕方がないですね
その人達にににも温かい励ましにも素晴らしい人柄が
感じられます。これからも皆さんに夢と希望を与えて
下さい。
えこ〜
2015/04/04 21:35
えこ〜様
 自分は一参加者として列の中で歩いただけですので、決して指導力とかを発揮するものではありません。
 本格的山シーズンを前にして、このコースを踏破できると自信につながります。また、来年もこのコースを歩けるかどうか・・それはこれから今年どのくらい多く登れるかで決まります。
 頑張ります!
山いろいろ
2015/04/06 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
西蒲三山縦走・・・12時間の歩き 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる