山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近登った山々

<<   作成日時 : 2014/10/11 17:06   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

 なにかと所用に追われる毎日、あまり頻繁にブログ更新もなりませんので、今回は9月20日以降の山行について、まとめてアップしてみましょう。

2014/9/21(日) 菱ヶ岳・974mから頭山・913mへ縦走 
 天気も良いし、「山は最近ご無沙汰です」という女性会員2名を誘って縦走を楽しみました。
画像
          (菱ヶ岳山頂)
画像
          (縦走路の向こうに飯豊連峰が・・・・)
 我が家から40分、最寄りの山として季節を問わず登っている五頭山系ですが、時には尾根歩きも楽しむのです。
紅葉にはまだ早いけど、暑さ寒さも気にならないとても気持ちの良いこの日、登りも尾根歩きも下山路も、楽しく気分良く歩いてきました。
画像
          (五頭山最高点)
画像
          (ゼロ峰から五頭山を望む)
同行のお二人も、「やはり山はいいわぁ〜、久々に気持ち良かった!」と喜んでいて誘った甲斐があったと思いました。

 
2014/9/27(土) 二王子岳・1420m
 この前、この山に登ったのは5月の残雪期、新潟楽山会の会山行でした。堅雪の上を気持ちよく歩く残雪期登山にはもってこいの二王子岳、紅葉の季節にも登りたい山です。
 今回は、紅葉には少々早いと思わるるものの、久々に女性会員2名と登ってきました。
画像
        (自分の好きな花”ダイモンジソウ”)
 好天の土曜日とあって、想定以上に多くの人が登っていました。特に、若い人が多いのが眼につきます。屈託のない笑顔を見せる20代とも思われるカップルから、40代〜50代の人たち、そして高齢者まで多くの人が登る二王子岳、なかなかの人気です。
画像
             (8合目から、山頂小屋が見えてきた)
画像
             (紅葉もしっかり始まっていた)
画像
             (山頂風景、飯豊連峰もクッキリと)
画像
             (飯豊本山を望む)
 順調に登って7合目〜8合目まで来てみれば、なんと!紅葉色のいい風景が広がります。期待していなかっただけに同行の女性たちも大喜び!、良かった良かった。
 山頂からは、お約束の飯豊連峰の風景も広がって、満足の登山でした。

2014/10/3(金)-4(土) 大菩薩嶺・2057m/金峰山・2599m
 新潟楽山会の会山行に参加してきました。以前から行ってみたいと思っていた山域、しかし用事が重なって参加は無理・・・と思って諦めていたら、その用事が無くなってしまった。それで、山行日の2週間ほど前にリーダーに連絡してみたけど「満員です、キャンセルが出たら連絡します」とのこと。
 何日も経過し、4日前になってもキャンセルはない模様。もうナイな、と思って他の用事を入れたんですが、3日前になって「キャンセルあり!、参加どうぞ」となったのです。

 急きょ仲間に入れて頂いて参加しました。総勢20名(男8:女12)で、日本百名山二座をゲットすべく出発。
見事な秋晴れ、10月とは思えない暖かさの中、初日は上日川峠〜大菩薩嶺〜大菩薩峠〜上日川峠の周回コースを楽しみました。
画像
              (登山口の上日川峠)
 スッキリと富士山を見ながらの稜線歩き、小悦や映画になった大菩薩峠、なかなかいい山行でした。
画像
              (きれいに望む富士山)
画像
              (紅葉の稜線歩き)
画像
         (歩いた稜線を振り返る、バックは大菩薩嶺)
画像
              (なにやら懐かしい大菩薩峠)
 二日目は、大弛峠〜朝日岳〜金峰山をピストンで歩いてきました。
アップダウンの少ないシラビソ帯歩きに飽きてきた頃、展望の良い稜線歩きに変わります。やや雲は多いものの、八ヶ岳などの南アルプスを望む事ができました。
画像
              (シラビソ帯を歩く)
画像
              (展望の稜線歩きとなる)
 そして大きな岩が重なる金峰山の山頂は狭い!、山頂標識前での写真撮影も憚られる混雑ぶり、流石は百名山です。
画像
              (狭い!、金峰山山頂)
 山頂裏側の大きな奇岩”五丈岩”前にて、昼食タイム。なんとも迫力のある五丈岩、鳥居があるので神の石だと思うのですが、若者が頓着なく登っています。
画像
        (五丈岩の威容、どうしてこんな大岩がここに・・)
遠くには、先日噴火した御嶽山の姿も雲間に望遠され、左手から噴煙の上がる様子も見て取れます。つい先日、あの山に登ってたと思うとなんとも不思議な感じは否めません。
画像
        (御嶽山のアップ、左端に噴煙が見える)
 ゆっくりと山頂を楽しんでから大弛峠へと戻りました。
下山後の名物”ほったらかしの湯”を楽しんでから、長い道中を新潟へと帰ってきました。

2014/10/9(木) 銀の道・1236m
 大昔、銀山平で採掘された銀を運んだという”銀の道”を歩いてきました。
越後駒ヶ岳の登山口でもある”駒の湯”から明神峠までの8km・標高差900mを、登り3時間・下り2時間の予定で歩きます。
画像
          (心地よいブナ林)
画像
       (新しい合目標識が建っています)
 かっては馬も歩いたという街道ですが、所々崩れたりしてやや細くなったところもありますが、総じて歩きやすく見事なブナの大木が見られます。
画像
        (木漏れ日を浴びて歩く仲間たち)
画像
         (越後駒に見守られながら・・・)
 また、樹間からは終始越後駒ヶ岳の雄姿が目を楽しませてくれます。
予定通り3時間で明神峠に到着。ここは枝折峠から越後駒への登山道でもあるので、昼食中にも何人かの方が往来されます。
お昼も終われば手持無沙汰、通行される方全員に話しかけてみます。茨城、東京、浜松、名古屋などなど、各地からの登山者がたくさん、さすがビックな越後駒岳のことはあります。
画像
            (大明神のお堂がありました)
画像
            (峠は狭い、ここで昼食)
画像
            (峠からの越後駒)
 この明神峠から更に1時間ほど進めば銀山平終点なのですが、今日はここまでを以て最終点とします。
忠実に来た道を戻りました。下りも予定通り2時間の行程でした。
画像
       (今回歩いた駒の湯〜明神峠、クリックで拡大)
紅葉にはやや早かったものの、秋晴れの一日を充分楽しんだので同行の3人も大喜び、満足の一日でした。  (おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
充実した山行を重ねておられますね。“銀の道”面白そうなコースですね。一度訪ねてみたくなりました。
しゃくなげいろ
2014/10/12 19:05
「せっかくの」三連休ですが、自分の爪損傷の為の休養と台風接近の為とで、在宅でゆっくり、ゆっくりした在宅の日々を過ごしております。
階下の茶の間で一日、レンタルのDVDを7本観て、パソコンも開かずでした。
今年は紅葉は早いという話ですが、28日に行った妙高山でももう充分に紅葉していました。
二王子岳、五頭山は今年まだ一度も行っておりません。
来月入っても行けるでしょうか?
大文字草は、私も好きな花です。
noritan
2014/10/13 10:32
しゃくなげいろ様
 銀の道の見どころは、なんと言ってもブナの美林が続くこと、それと駒ヶ岳の姿が美しいことですね。
山いろいろ
2014/10/13 11:05
noritan様
三連休はいい休養になったかもしれませんね。この際、よくコンディションを整えて次へのステップになりますように。
無理は禁物ね、もう決して若くはありません。
二王子岳も五頭山も、これからがいいですね。遠くに向いていた足がいよいよ近在の山に戻ってくる季節。
昨日の五頭山も人出が多かった!、けど紅葉はもう少し後かな?
山いろいろ
2014/10/13 11:09
おはようございます。
秋本番を迎えました。あっちこっちから紅葉の便りが聞かれるようになりました。”銀の道”、これから良さそうですね。歩いてみたくなりました。
FUKU
2014/10/15 09:05
FUKU様
台風も去ったしまだまだ秋山が楽しめる季節、いろいろ歩きたいですね。
銀の道、静かで穏やかなブナ林が楽しめますよ。これからの黄葉もいいでしょうね。
山いろいろ
2014/10/15 09:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近登った山々 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる