山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年GWのこと。東京、大山・高尾山

<<   作成日時 : 2015/05/08 16:25   >>

ナイス ブログ気持玉 31 / トラックバック 1 / コメント 0

 今年のゴールデンウィークも、全国的に晴れのいい天気でした。このいい天気に恵まれて、東京の息子と川崎の娘を訪ねて孫たち5人にも会い、関東の山二座にも登って、満足のGWを過ごすことができました。

 二日(土)は、早朝に近くの農家に立ち寄り、かねて依頼してあったお土産の”朝採りいちご”を戴き、そのまま東京へと走りました。
 道路は空いているし、予定通りの時間に息子宅到着。しばし休憩とお昼を食べてから、息子夫婦&孫三人(あかり、晴太、ほしな)を乗せて、今度は娘の家に向かいます。

 今回の訪問の大きな目的は、先ごろ新築マンションを買った娘の住まいを訪ねることにあるのです。
大きな建物が3棟建つこのマンション、建物を取り巻くように広い緑地帯が贅沢に造られており、環境に配慮した建築であることが窺われます。
画像
 (緑地帯が広く、公園の中に建っているような・・)
画像
 (マンション屋上から新宿方面)
 屋上に上がれば、富士山こそモヤって見えませんでしたが、新宿や渋谷などの高層ビル群やスカイツリーも望まれ、渋谷まで15分、二子多摩川も徒歩15分の好立地にあることが判ります。
画像
 (スカイツリーも遠望できます)
 どこを見てもピカピカ、最新のシステムが揃った上に、こうすけ&まさと、子供たちの通園や将来の通学なども文句なし、いろいろな生活環境面も良好です。
 一目見るまでは心配もしましたが、こうして確認できたことでホッと安心しました。もう大きくなった子供たち、老夫婦が心配してもどうなるものでもないのですが、やはり幾つになっても親は親、余計な心配をしてしまうのです。
画像
 (子供たちは”えちご姫”が大好き)
 しばしマンション内外を見学してから、みんなで二子多摩川のお寿司屋さんで会食です。
久しぶりに、大人6人と子供5人が集まっての食事はなによりも嬉しいし楽しい時間です。1.5歳の可愛い盛りのほしなちゃんは皆んなの人気者。小2、年長、年長、4歳、1.5歳の孫たち5人は、会えばすぐ仲良く遊びだします。
画像
 (時間の経つのも忘れて、楽しい食事会でした)
 大人たちも解放感いっぱいの部屋で徒然の話に花が咲き、ずいぶん時間の過ぎるのが早いと感じました。
息子たちは電車で帰りましたが、自分と妻は娘宅でお泊りとしました。

 翌3日(祝)は、娘と買物などを予定する妻を残して、6時半に娘宅を出発。丹沢山系・大山(おおやま)1252mに向かって車を走らせます。
 ところが、東名高速は想定以上の大渋滞!。30分経過してもホンの少ししか動かない、我慢の限界を超したので次のインターで一般道へ・・・ところが、国道246号(旧大山街道)がまた大渋滞! ヤレヤレ

 結局、予定よりも2時間遅れて登山口到着となりました。下から歩くつもりだったけど、こうなれば仕方ない・・ケーブルに変更です。このケーブルも30分ほども並んで乗る始末、なんでこんなに人だらけ!なんだ。プンプン
画像
 (ケーブルカーで登ることに・・)
 ケーブルを降りて登りだせば、そこはまた人人人、若い人が多いけど子供も多い、案外高齢者は少ないのですが、ともかく人が多くて思うように歩けません。やっと3〜4人追い越したと思えば、また一団の歩かない人たち。
画像
 (阿夫利神社下社、しっかりお参りしました)
 途中で富士見台なる場所もあったのですが、モヤのために見ることかなわず。5月は一番遠望には悪い時期ですもんね、最初から富士を見ることは期待していませんでした。
画像
 (急階段も渋滞中!)
画像
 (登る人下る人、なかなか稼げません)
画像
 (湘南の海なども見えています)
 脇からサッと追い越したり、渋滞で立ち往生したり、こうした行動が一番疲れるのです。到着の山頂も、言わずもがなの人の波・・長居は無用と昼飯をかき込んで下山します。
画像
 (来てみれば、やっぱり山頂は人だらけ)
 下山にかかると、さっきよりも登る人が増えています。苦労をしながら駐車場に戻って、ホッとしました。こうした山は疲れますね、やっぱり山は田舎がいい。
画像
 (標柱前で撮るのも、順番を待って・・)
 娘宅に戻って、夜は娘の手作り料理です。これが意外に美味しくって、いつの間にかすっかり腕を上げた娘に感心しました。
 娘一家と一日中出かけた妻は、「疲れた〜」と言いつついろいろな話をしますが、こちらはすっかり草臥れて早めに寝床に入りました。

 翌日も早起きです。
娘たちは婿殿の実家に出かけるというし、自分と妻は高尾山・599mに登ってから新潟へと帰るのです。
 高名な高尾山、自分は「80歳を超えてからでもいいや」と思っていたのですが、妻は友人から「誰でも登れる簡単な山」と聞いて、俄然登りたくなったようで今回のトライとなったのです。

 8時半、高尾山ケーブル駅に来てみると、時間が早いせいもあって案外空いています。
ケーブルを降りても想定よりも人は少ないと感じましたが、どうしてどうして・・見る間に人が増えてきて凄いことになっています。
画像
 (高尾山ケーブル駅)
 それでも、大山と違って高低差がないので、人の流れもそれなりにあります。更に土ではなくコンクリート舗装されているので、街中を歩くのと変わりません。
画像
 (懺悔の呪文を唱えながら廻す)
画像
 (人人人・・とても山中とは思えません)
画像
 (萬民豊楽・世界平和)
 山頂というよりも公園と言うほうが相応しい広場は人の波、富士山の展望もなかったのですが、昨日の大山が端正な姿をスッキリと見せてくれたのが救いでした。
画像
 (公園のような山頂風景)
画像
 (昨日登った大山が、端正な円錐状に望めます)
 長居は無用とばかりに、写真撮影もそこそこに山頂を辞し、今度はスキー場で乗るようなゴンドラで下山しました。妻は体調もいいようで、「せめて下山は回り道を下りたい」と言ったのですが、新潟への到着時間も気にかかることからゴンドラ利用としたのです。
 帰路の高速は渋滞の登り車線を横目に順調に走って、18:00には帰宅することができました。

 こうして今年のGWも、関東で盛りだくさんのスケジュールを楽しんできました。登山三昧、毎晩のお酒の付き合い、920km走行・・・古希を超えてもこうして遊べることを、健康であればこそと喜ばなければなりません。
 娘の新居訪問、孫たちの成長も確認し、二山に登ることもできました。あれやこれやで少々疲れましたが、とても楽しく有意義な時間を過ごすことができて、いつまでも思い出に残るであろう2泊3日の旅行でした。
 夏には新潟で会えることでしょう、孫たちの成長を楽しみに待ちたいと思います。

 連休最後の6日は仲間と新潟の山に登ったのですが、長くなったので次回に書くことにしましょう。
(おわり)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
菱〜五頭縦走/粟ヶ岳/唐松山
 今年のゴールデンウィークは全国的にいい天気、そんな天気に恵まれて、二王子岳に登ったり、東京で孫たちに会ったり関東の二山に登ったりと、充実した1週間を過ごしました。  その時の様子は以下をクリック。   http://yamayama.at.webry.info/201505/article_1.html    そして連休最後の6日は、いい天気に恵まれて菱ヶ岳〜五頭山縦走、更に粟ヶ岳と唐松山の会山行に参加しました。それらの様子をまとめてアップします。 ...続きを見る
山いろいろ
2015/05/22 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2015年GWのこと。東京、大山・高尾山 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる