山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年もお世話になりました。登り納めでした。

<<   作成日時 : 2014/12/29 14:04   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

 まだ12月だというのにしっかりと雪が降り、早々と真冬になったようです。加えて連日の悪天候が続き、さっぱり山に登る気も萎えてしまっていました。
 それでも年末も押し迫ってから、なんとか天候も安定してきました。こうなると、ようやくにして”山に登ろう!”という気持ちになるのです。

◆12月27日(土) 弥彦山・634m 単独

 さてどこに登ろうか?、なにぶん一ヶ月ぶりの山なので、あまりきついのはパス。
そうだ!、年末だし今年一年の無事に感謝して、「越後一の宮・弥彦神社」にお参りしよう。
画像
                (登山口の鳥居をくぐって登り出し)
 という訳で、弥彦神社に参拝の後、山頂を目指します。登り始めこそ雪も少し踏む程度だったのですが、三合目あたりからはタップリの雪!、やはりいつもよりは多いように思います。
 曇り空だった空も時々陽が射すようになり、心配した脚力も大丈夫!。堅く踏まれた登山道を気持ちよく登り続けました。
画像
                   (5合目鳥居、雪が多い)
画像
               (5合目から望む山頂アンテナ群)
 弥彦山は海岸沿いにあるために、積雪も他の山に比べれば少なく、とても登りやすい。退屈しない程度に単独或いは少人数の方とも出会います。どの方も、明るい顔で久しぶりの好天気を楽しんでいる様子が窺えます。
画像
            (山頂からの新潟平野、積雪はありません)
画像
          (奥の院、今年のお礼と来年のお願いごとなど)
 稜線から見る平野部には積雪がありません。しかし、その向こうの山岳地は真っ白に輝いて見えます。
奥宮でも、今年一年の無事を感謝してお参りし、心軽やかに下山しました。

◆12月28日(日) 五頭山・913m 単独

 昨日に続き、今日もいい天気。
こんな日に登らなくていつ登る?、「今でしょう!」という訳で、連ちゃんではありますが五頭山に向かいました。

 冬の定番コースである五頭山、冬の難点は駐車場が狭いこと。案の定、8時半前なのにもう満杯であり、こぼれた車が何台も路駐しています。そりやぁそうでしょう、久々の好天しかも日曜日なのです。

 どんぐり村から三の峰コースの急坂に取り付きます。
よく踏まれた道はつるつる状態ですが、買ったばかりのピン付き長靴はしっかり存在感をアピールしてくれて、大変助かります。
画像
                 (この時期にしては雪が多い!)
 すっかり落ちた筋力に二日続きの山、どんな具合か心配はしたものの、30分歩いても40分歩いても大丈夫!。
秋ごろはよく歩いたので、底ぢから?は残っていたようです。
画像
                 (青い空に純白がよく似合う)
 次々とたくさんの人が登ってきます。陽も射して暑くなってきました、山シャツ一枚でもOK。
雪はタップリありますが、長助清水を過ぎ8合目にかかれば樹氷も美しい。青い空に純白の樹氷が美しい!、何枚も写真を撮りながら爽やかな芸術に心洗われる思いがします。
画像
                 (桜の満開か?と思える、氷の満開)
 三の峰に到着してみれば、標識は埋まっており昨年末よりも50cmも多いような気がします。避難小屋もしっかり埋まっており、2名の方が掘り起こしに懸命でした。
 お約束の飯豊連峰は、期待を裏切らず真っ白な姿をどっしりと見せてくれます。いつもながらこの雄大な景色に満足です。
画像
                (飯豊連峰が輝いて見える)
 時間はまだ10時半。腰を下ろしてのんびりとコーヒーを飲みながら、飯豊の姿を存分に眺めてから下山です。
もっと先までと思いながらも、二の峰山頂に多くの人影、更に多くの方が先を目指して歩いていきます。こんなに人がいては混雑するだけ、気温が上がって樹氷の溶け落ちる前に下山することにしたのです。
画像
           (三の峰から新潟市中心部のどアップ)
 この時間になっても、次々と登る人が続きます。会の方にも4組5名の方に会いました。「今年もお世話になりました。来年もよろしく」と挨拶しながらスライドして行きます。
 登るときは感じなかったのに、下りでは膝の痛みを感じるようになってきました。下りの負担が膝には堪えているようです。
 まだまだ長く使いたい膝です、少しは年のことも考えながら、来年からはチャレンジよりも長く楽しめる身体の負担も考えた登り方をしたいものです。
 帰宅途中では瓢湖に立ち寄り、たくさんの家族連れに混じって悠然と泳ぐ白鳥を観察しました。
画像
          (白鳥の湖・瓢湖、飯豊をバックに気持ちよさそう) 
◆ 今年の山は、これを以って登り納めとなりました。

 お陰さまで、今年も無事にたくさんの頂きに立つことが出来ました。これも偏に、活発な会山行と一緒できる山仲間に恵まれていればこそ、有難いことです。
 また、新潟楽山会の活動も、大きな事故などもなく終わることができました。りーダーはじめ会員の皆さんのご尽力とチームワークの賜と感謝です。

 来年も、今年以上にたくさんの山に登りたいものです。
そのためには、なによりも健康であること、そして時々は少し無理もするけどトータル的には年齢も考えたコース選びをしていかなければなりません。
 そして楽山会の会活動と会山行が、活発かつ充実したものになることを心がけ祈っていきたいと思います。
画像
          (年末に、娘と一緒に里帰りのコウスケとマサト)
 今年は自然災害の多い年でもありました。
御嶽山の噴火、長野県北部地震、広島市土砂災害、他にも大きな被害を出した台風や豪雨の多い年でした。
どうか来年は、穏やかな年であってほしいと願わずにはいられません。日本中が安穏で、皆んなが明るい笑顔で過ごせる年でありますようにと祈ります。

 今年の記事アップは、これを以って終わらせて戴きます。読んで頂いた皆さん、有難うございました。
また来年も出来る限りアップしていきたいと思いますので、未熟な内容ではありますが、よろしかったらお付き合い頂ければ有難いです。

私たち夫婦は、年末年始を関東で過ごす予定です。
皆さんも、どうぞ佳い年をお迎え下さい。 
                            (おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは!
 ブログを開くのは本当に久しぶり、何故か手が震えます。
 今年の山仕舞い、しかも2つも、欲張りですねェー。そりゃー足も痛くなるというもの。でもお元気で何よりです。
 私は、27日の土曜日、一人で密かにさるスキー場に行ってきました。昨年から山スキーに手を染めたのですが、これがなかなか難しい、今シーズンも誘って貰う為には少しは腕(足?)を上げておかねばと思った次第です。非圧雪のコースを繰り返し繰り返し何回も滑りました。少しは自信も付きましたが、反面、腰を酷使し過ぎて翌日は完全にダウン、馬鹿ですね。こんな調子で今年も終わります。
 正月は帰省した孫とのんびり過ごします。
甘納豆
2014/12/29 19:33
甘納豆さま
 その後、足の痛みも殆ど消えました。気持ちの方も、これで落着いて正月が迎えられます。(^。^)
 山スキー、自分もかっては滑りましたが道具も人にあげたし、完全リタイアです。
 山も山スキーも、急激に頑張って体調を崩しては元も子もありません、○○の冷や水などと言われないようにしましょう。
山いろいろ
2014/12/30 07:30
山いろいろ様
お久し振りです。雪山で頑張っておられているのは
すごいですね。恥ずかしながら私はこたつで丸くなっております。山様の元気な秘訣どこからですか?きっと常日頃の鍛錬のたわものかと思います。楽山会は500名すごいですね、山いろいろ様は会の重要なポストに着かれておられているみたいですね。会員の皆さんがうらやましいです。
これからも楽しいお話を楽しみにしております。いつまでもお元気で皆さんに夢と希望を与えて下さい。来年も
前途洋々希望あふれる良き年でありますよう心からお祈り
申し上げます      
えこ〜
2014/12/30 21:20
今年もお世話になりました。
忙しい!忙しい!で終わった1年でした(まだ終わっていませんネ!)
29日は午後から会社の大掃除をして帰ると、何だかドッと疲れて、自分の家の掃除は手抜きです。
12月は会社も山(登ることではなく、事務業務)も忙しくて、月初の三ツ峠山と金時山が最期でした。
こうすけ君もまさと君も凛々しい姿じゃないですか!
私も本日お昼くらいから埼玉へ行き、孫と過ごしてきます。
noritan
2014/12/31 03:53
えこ〜様
 明けまして おめでとうございます。
年末年始は伊豆と東京で過ごし、昨夜、雪の新潟に帰りました。
 今年も健康に注意しながら、出来るだけ多くの山に登りたいと思っています。でも年齢に見合う体力とも相談しながらになりますが・・・。
 山は、幾つになってもどんなレベルからでも登ることができます。えこ〜さんも頑張ってみませんか? 
山いろいろ
2015/01/03 11:16
noritan様
 おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
こうすけ君との正月、楽しかったことでしょう。
 自分も、東京で5人の孫と遊び、大晦日は伊豆でした。駿河湾越しの富士山を満喫しましたね。
 今年もいい登山をたくさん楽しみたいものです、その前提はまず健康!。互いに年齢も考慮しながら、少しチャレンジ精神を持ち良き仲間と共に登りましょう。
 あれこれとお世話になりますが、よろしくお願いします。
山いろいろ
2015/01/03 11:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年もお世話になりました。登り納めでした。 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる