山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 年のせい?

<<   作成日時 : 2014/12/10 17:24   >>

驚いた ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 2

◆大雪、腰が痛いです・・・ 
 
 新潟市内30cm、12月にこんなに雪が降ったのは5年ぶりとか。
初雪と言うのは、ホンのちょっと挨拶代りに降ってすぐ消えるのが相場だと思っていたら、今年はいきなり大雪の不意打ちで大騒ぎでした。

 6日(土)朝から、長靴を取り出すやらスコップを探すやらの大騒ぎ。まずは玄関前から駐車場周りの除雪です。
隣のマメな旦那に負けないようにバリバリと頑張ったら、腰の痛いことイタイこと!。自分より若い人に対抗しちゃだめですね、今更ですが自分のペースが大事なんですね。(-_-;)
 スノータイヤへの交換は、自分が11月末、女房殿は天気予報を読みディラーの担当セールスを口説いて前日に交換済でした。(^。^)
画像
          (阿賀野川堤防よりの飯豊連峰・北股岳)

◆かゆくて痒くて・・・・ 

 先月の話ですが、しばらく前から左の前脚、脛の部分に湿疹が出来て痒くてたまらない。面積は名刺大ほどですが、ともかく痒くて痒くて・・・。 
 配置薬の「しっしん、かぶれ、かゆみ止め」を塗るのですが、なかなか治りません。

 そのうちに、どこで聞いてきたか女房殿曰く「膠原病じゃないの?」と、ど素人診断です。
膠原病・・・??、聞いたことはありますが、果たしてどんな病気なのか?
 ネット検索で調べると、結構面倒な病気であり湿疹の症状が出るとあります。

 怖くなって、翌日、内科に通っているいつもの総合病院の皮膚科へ行きました。
待合室は内科と同じように、高齢者がたくさん。予約しなかったせいもあって、タップリ待たされた挙句の診断です。

 自分と同じくらいの年齢のやせ型長身の先生、私がズボンをまくり上げた左すねをホンの瞬間だけチラッと診るなり、「年のせいですね」の一言を発してカルテに向かいます。

 「年のせいって、先生どういうことでしょう」
    「年をとると、皮膚の脂っ気が無くなって湿疹が出来るのです」
 「まさか、膠原病じゃないでしょうね」
    「そんな立派な病気じゃありません、年のせいです!」

 少しムッ!として「それじゃ先生、病名は何でしょう?」
    「皮脂欠乏性湿疹です」と応えて、わざわざメモ用紙に書いてくれました。
    「お尻とかひざ下に多く見られます。乾燥するこの季節に多くなります、春になると引っ込みます」
    「もっとひどい人は、背中やお尻全体になります、これなんか軽い方です」
    「風呂であまりゴシゴシこすらないように」

 立て板に水のように、シャカシャカ話す先生、最後に「この時期、私のところに来るお年寄りのほとんどはこの病気です・・・」
 そうか、そんなにたくさん来るんじゃ診る方もうんざり、メンドクサクなるわなぁ。「塗り薬を出しておきます。これならすぐ治るので、次の診察予定は要らないでしょう」
 待つこと1時間半、”診察5秒、話し3分”で終わりました。

 戴いた塗り薬、塗るとかゆみはすぐ取れます。一日2回、三日も続けたらきれいに治りました。
年をとると、いろんな症状が出るんですね。若いつもりのままでいたら、痛い目や痒い目に遭うことも多くなるんでしょうね。
やっぱり、年なりに自分の身体とうまく付き合っていく事を考えましょう。  (おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
膠原病の皮膚疾患は我が社にいます。
1年4ヶ月新大に入院して傷病手当もらいながら、退院した後、週一回の通院と、飲み薬でまだ、在職しています。
そんな「立派な病気」でなくて良かったですね。
加齢に伴う病気といえない程の病気、いろいろありますね。
皮膚、眼、腰、肩・・・
にんにく成分入りの入浴剤を使っていますが、良いようですよ!
noritan
2014/12/11 07:10
niritan様
まずは、厄介な病気で無くて良かったです。
病院の待合室は高齢者がイッパイ、これが皆同じ病気だったら先生も人の子、イヤになるでしょうね。
そうそう、眼も霞んだりぼやけたり、いろんな部品が疲労してきているんでしょうね。
高齢と共に、元気度のレベル引き下げをしないとね。(-_-;)
山いろいろ
2014/12/11 10:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
年のせい? 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる