山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 錦秋の道、小沢平より兔田代

<<   作成日時 : 2014/10/28 17:15   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

 新潟県側から入る尾瀬は、福島や群馬県からの道に比べてあまり歩かれていません。
今回は、新潟県側から入山する登山口・国道352号小沢平(こぞうだいら)から尾瀬・三条ノ滝まで歩く会山行に参加してきました。

 10月26日(日)天気は最高の秋晴れ、メンバーは35名(男10:女25)と多いので、小型マイクロバス2台での出発となりました。
銀山平から福島・御池に向かって更に1.5時間走り、9:50予定通り登山口の小沢平を出発しました。

 自分は過去に2度このコースを歩いていますが、その時の様子は以下の通り。今回は紅葉の時期に歩くのは初めてなのでとても楽しみです。
(2008/7/19 小沢平〜尾瀬、日帰りで歩いた記録)
http://yamayama.at.webry.info/200807/article_2.html
(2009/9/25-26 小沢平〜尾瀬〜燧ケ岳〜御池を1泊で歩いた記録)
http://www.rakuzankai-1976.jp/kikoubun/kikoubun2011izen/kikoubun/kaisankou/0909/090925-26hiutidake.html

 国道脇の登山口から歩きだせば、そこはもう真っ盛りの紅葉、参加者の皆さんから黄色い?歓声が上がります。
主に黄色、時々赤も混じる絶妙の紅葉、まさに錦秋の林間コースを歩くのはなんとも気持ちがいい。
画像
            (高木の間を縫って進む、錦秋の道)
 今回は人数も多いので三条ノ滝日帰りかなりきついコースとなります。出発時には、チーフリーダーから「今回は時間的にキツメ、しかも秋の日はつるべ落としなので、場合によっては三条ノ滝手前で帰るかもしれません」と案内がありました。
例え、三条ノ滝まで届かなくても、この紅葉の道を歩けただけでもいいかと思えるのです。
画像
            (橋の下は白く流れる温泉水)
 カサコソと落葉を踏みながら歩く気分は最高!、概ね平坦地、時々小沢を渡り、不動の滝を右手に見て更に進み、やがて渋沢温泉小屋となります。
小屋脇を流れる沢は、温泉が流れているので薄く白濁しており少し硫黄の臭いもします。
画像
            (紅葉の間に見える渋沢温泉小屋)
 渋沢温泉小屋を過ぎると、急坂の登りも出てきます。何度か短い休憩を取りながら進みますが、時間を気にするあまりに歩き方も少し早くなっており、疲れも出てきてやや遅れる人も出てきました。
 
 やがて兎田代に到着。三条ノ滝まで残すところ30分〜40分と思われますが、このペースで行くと、帰りは暗くなる恐れもあることから、リーダーは「ここで昼食とし、登山口に戻ります」とのアナウンスです。
画像
          (草紅葉広がる兎田代、今日の行程はここまで)
 兎田代で昼食を摂ってから、登山口に向けて帰ることになりました。
帰りの紅葉は、陽のあたり加減か朝よりも更にきれいに見えます。陽の加減で明るく見える所とやや暗い所、そのコンストラクトがほど良いアクセントとなって、見事な秋色を見せてくれました。
画像
          (黄葉もなかなか感じがいい)
画像
          (素晴らしい赤の紅葉、満足!)
画像
          (いい感じの黄色も多かった!)
画像
          (赤と黄色のバランスが素晴らしい)
 三条ノ滝までは行けなかったけど、今日のこの紅葉を見たことで大満足!、明るいうちに余裕で登山口まで帰ることができたし、参加の皆さんもそれなりに充実感を持たれた山行だったと思います。  
 日本が誇る四季物語、彩色兼備の心洗われる錦秋の風景を楽しんだとてもいい一日でした。 (おわり)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
きれいな紅葉ですね。尾瀬の表舞台とはまた一味違って、渋沢温泉小屋の道はちょっとワイルドで素敵ですね。
しゃくなげいろ
2014/10/29 08:43
しゃくなげいろ様
ある程度の高度があって縦線で奥山に向かうので、必ずどこかでいい感じの紅葉に会いますね。
あまり歩く人はいないけど、それほど荒れてもいなくていい感じでした。
山いろいろ
2014/10/29 10:02
秋は暑くもなく、黄葉も愛でられて良いのですが、陽が短いので、行動時間に制約がありますね。
大勢ですと、ペースも遅れ勝ちになりますね。
それでも、ピークを求めるだけが目的ではないので、途中の紅葉を楽しみながらの歩きだけでも、充分楽しめたと思います。信越トレイルの歩きと似ていますね。
昔、昔友人と温泉小屋に泊まって行ったことを思い出します。
山いろいろ様の画面も紅葉満載ですね!
noritan
2014/10/30 01:45
noritan様
 盛夏ならともかく、秋などは日が短いので余裕の計画が組めると一番いいんですけどね。
でも、今回はとびっきりの紅葉を楽しめたのでOK!です。
山いろいろ
2014/10/30 16:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
錦秋の道、小沢平より兔田代 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる