山いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 幅1mの県境が7.5kmも続く・・・飯豊山

<<   作成日時 : 2008/06/26 16:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 104 / トラックバック 2 / コメント 24

新潟・山形・福島の三県の県境を持つ飯豊山ですが、その稜線は複雑に入り込んでいます。この稜線に立てば東は山形県、西は新潟県、明らかに山形と新潟二県にしか接していないのに、なぜか福島県境も入り込んでいます。
かって、地図でその事を発見し、「どうしてこんな複雑な県境設定になったのか??」と、長いこと疑問に思っていました。
今回、実業之日本社発行/日本全国「県境」の謎(著者・浅井建爾)によって、その謎の歴史はようやく解けました。

福島、新潟、山形の三県が接する地点に、摩訶不思議な県境が走っている。
福島県の西北端にそびえる三国岳から、新潟と山形両県の境目を割り裂き、飯豊山頂を目指して、並行した二本の県境がニョキニョキと伸びているのである。その幅はおよそ三尺というから、1メートルにも満たない。と、いうことは、ひと跨ぎで新潟県から福島県を通り越して、山形県に着地できるということである。
 飯豊山の山頂付近からやや幅は広くなるものの、福島県の細々とした県域はさらに御西岳まで続く。三国岳から御西岳までの距離は、なんと7.5キロメートルあまりもあるのだ。いったいこの奇妙な県境は何を意味しているのだろうか。(本文より)
画像
(画像はクリックで大きくなります)
明治時代に、福島県の県庁所在地である福島市があまりにも北東部に偏りすぎているという理由から、県庁移転問題に発展した。この問題の解決は、福島県の西端の一部(東蒲原郡)を新潟県に移管する事で解決した。
県庁所在地が右に偏りすぎているのを修正するために、県庁所在地を替えるのではなく、県という入れ物の形を変える事によって、やや中心のほうへ位置を変えたという訳である。(事はそんなに単純ではなかっただろうと思われるものの、発想の転換としては面白い!)
たしかに、津川町(現在の阿賀町)はかっては福島県だったという話はよく聞く話です。

こうして福島県庁の移転問題は解決したものの、”飯豊山神社は福島県一ノ木村(現・山都町)にあるので、飯豊山山頂の奥の院も福島県のものである”と主張する福島県側と、飯豊山は古来より新潟県の山であり飯豊山神社も寒川村(現・阿賀町)の土地に鎮座していると主張する新潟県側とで県境紛争へと発展したという。
この争いの打開のために、両県は内務大臣の裁定を仰ぐ事となる。その後、綿密な調査の結果福島県側の主張が通り、1907年(明治40年)に今の形”飯豊山神社とその境内、登山道は福島県一ノ木村(現・喜多方市山都町)に帰属する”になった。紛争勃発から20年後のことだ。
その為に、新潟・福島・山形の三県の県境が接する三国岳から種蒔山〜飯豊山〜御西岳と、まるで蛇が這いずったような奇妙な県境がひかれることになったということです。

この本のほかの内容(抜粋)
   かって人口日本一は石川県だった!。
   北海道にもあった青森県津軽郡。
   秋田・山形の鳥海山山頂争奪戦!。
   越前吉崎と加賀吉崎の県境騒動。
   旅館の中を走る熊本・大分の県境。
   県を飛び越えた飛び地があちこちに。
この本には、上記の他にも県境にまつわる出来事が幾つも書かれており、なるほど!、と感心したり納得したりで興味はつきません。
子供の頃から、自分は地図を見るのが大好きでした。こういった本に出会うと、夜の更けるのも忘れて読んでしまうのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 104
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
山形、新潟、福島の県境の『謎』
タモリ倶楽部 テレビ朝日 2008年11月01日 00:15〜 Trackbac ...続きを見る
主張
2008/11/03 05:04
面白い地形いろいろ
自称ヘビーな地図マニアの自分もこれには気がつかなかった。福島県の西北部の形は、磯... ...続きを見る
吾輩はNECOである。
2009/06/12 16:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
勉強熱心で結構なことです。
でも酔っ払った時の記憶が飛ぶのはどうしてだろう?(笑)
輝ジィ〜ジ
URL
2008/06/26 17:09
輝ジィ〜ジ様
正気の時と酔った時とは、夫々に別の脳が差配するのです。
酔っても酔わなくてもなんら変わらないようなら、何も呑まなくてもいいようなもので。(^。^)
で、飯豊の県境へのコメントはどうしたんでせう?
山いろいろ
2008/06/26 18:13
悪かったね(ー_ー)!!
貴殿のお陰で雑学一つ増え他所へ行って知ったかぶりして喋る事が出来るよ。アリガトさん。
輝ジィ〜ジ
2008/06/26 18:31
こんばんは。
これは、良いことを教えていただきありがとうございます。
飯豊の地図を見て変な県境だなぁ。と思っていたんですよ。最初はミスプリントじゃないかと思っていたぐらいです。
そんな歴史的背景があったんですね。
早速、知ったかぶりしてみます。

してきました。

「ふ〜ん。」
と、
相方に言われました・・・・・。

ぼんいぢ
2008/06/26 20:29
山さん今晩は!
登山口が、新潟県、山形県、福島県の3県にあることは当然の理ですが、飯豊本山が何で3県の県境、いや福島県なのだと以前から面白くなく思っていました。
飯豊山神社の奥の院がそこにあるからなのだと、聞いてそんなもんかと思っていましたが、今回さらに思考の扉が開いてきたようです。
まあ、どっちでも別に構いませんが、気持ち的には新潟県であって欲しかった。飯豊というとどうしても福島、山形という印象が強いようですので。
甘納豆
2008/06/26 20:32
輝ジジ様
律儀に再訪、ありがとうさんです。(^。^)
どんな手段でも知識を得てそれを咀嚼できれば、それはもう自分のもの。ものを知ることは嬉しいことですよね。また、いろいろと教えて下さい。
山いろいろ
2008/06/26 20:54
ぼんいぢ様
お〜、懐かしい方からのコメント、ありがとうございます。すっかりご無沙汰です。
やはり飯豊の県境に疑問を感じておられたんですね。福島県は川入の登山口あたりに、そのいわれを書いて新潟県に感謝の気持ちを表すべきだと思いますが・・えっ?思わない? こりゃ、新潟県人のエゴと言われるな。(笑い)
相方さんは「ふ〜ん」の一言のみ・・・大モノだ。(^。^)
山いろいろ
2008/06/26 21:00
こんばんは。
面白いお話ですね!、、この本のほかの内容にも興味を覚えました。(@_@)
考えるに、県庁所在地を偏りなくしようとするのは、可能な限りでの住民の公平な利便性を考えてのことと思うのですが、もしそうであれば地図上で偏りが補正されて移転問題が解決したといっても、幅1mの県境が7.5kmでは住民が居住できないので、利便性は・・・、やっぱり理不尽な気がするのですが?
いずれにしても、知らなかったことを知った喜びがあります。(^^♪
ロボット
2008/06/26 22:00
甘納豆様
ねっ、やっぱり新潟県であって欲しかったですよね。
明治時代だから、こんな不自然な解決策が通りましたが、現代だったらどうでしょうか?
新聞やらネットやらワイドショーで叩かれて、大変な事になっていたでしょうね。官尊民卑で、しかも情報公開が無かった時代の遺物でしょうね。
山いろいろ
2008/06/26 22:11
ロボット様
まったく理不尽、不自然としか言いようがないですね。山岳信仰の盛んな土地柄を考慮したものでしょうか?まさか薩長政府が、福島に味方したとも思えませんけどね。
県庁所在地の位置が偏っているのは、他にもありますね。かく言う新潟県も、北に偏っていますしね。
山いろいろ
2008/06/26 22:15
飯豊山の想い出は、蒲原平野から仰ぎ見て田植えの時期まで、頂を真っ白にしている山が飯豊山でした。
そんな訳で、飯豊山はのっけから新潟県の山という印象でした。未だ登った事がなく新潟・山形・福島の3県に接する実感がどうしても持てないのですが、改めて知ることが出来、なるほど大変勉強になりました。
葦原ボーイ
2008/06/26 22:45
葦原ボーイ様
新潟&東北では、何と言っても飯豊山が盟主です。山形も福島も、それぞれの県人が「オラが山」と思っている事でしょう。しかし、何と言っても新潟から見る飯豊が一番なんですよ。やっぱり県境はいざ知らず、気持ちとしては新潟の山なんです。
稜線に出るまでがちょっと長いですが、登ってしまえば一級の稜線漫歩が楽しめます。ぜひ、チャレンジを!
山いろいろ
2008/06/26 23:11
私も机上登山は好きで、ずっと以前に「この強引な線引きに注目」と地図に書かれているのをみて苦笑していました。
詳しくは調べませんでしたが、何にせよ「歴史的」「宗教的」な要因なのだろうと思っていました。
県内でもいきなり、飛び地とか言って、別の市町村が丸で池のように有ったりしますね。
国、海、県、町、隣の土地、などなど、境界には色々な歴史、いわくがあるものですね〜〜
それを具体的に調べるところが「山いろいろ」様ならではですね!
noritan
2008/06/27 04:51
表題を見て、飯豊に登ったのかと思ったぜ。変な境界線だと思ってたが、そうなのかと納得した。ありがと。相変わらず旺盛な知識欲だねえ。昨日おいらの
疫病神のようなポンコツ引き取ってもらった。清々したわ。暫く車なしの状態。動きがとれねえ。
赤鬼
2008/06/27 06:39
noritan様
土地にまつわる境界争いは、日本は面積が狭いので、他の国よりも余計に多いのかも知れませんね。
この狭く長い境界線は、ここが信仰心の強い土地柄という事を勘案した結果だとすると、時の内務省は血の通った裁定を下したものだと感心します。
現代の冷たい官僚なんかには、とてもそんな判断はできないでしょうね。
過去の出来事を冷静な第三者的な視点で、或いは現代との比較で考えるのも大切なことかと思います。
山いろいろ
2008/06/27 08:17
赤鬼様
車の件、大変でしたね。せめて山の中でダウンしなくて良かったですね。
飯豊に登りたいなぁ。もう、ずいぶん登っていませんよ〜。
山いろいろ
2008/06/27 08:19
嘘みたいな地図ですね!!
面白い!!
学校でも、こんな風に面白く教えてもらえれば、興味を持つ子はいっぱい居そうです。
それにしても、その土地(神社)は双方にとって、それほど大切なものだったのですね。
ふと、中国と日本の海底油田の争いと大なり小なり同じことなのかな?なんて思いました。
つれづれ
2008/06/27 12:44
つれづれ様
地図は嘘ではありません、話がウソみたいなんです。(笑い)
山岳信仰のあつい地方であり、何にも優先する最大関心事だったんでしょうね、きっと。
三県をひと跨ぎにできる(笑い)稜線に登りに来られませんか?
山いろいろ 
2008/06/27 18:29
一昨年飯豊山を縦走しました。山を歩いていても線が引いてあるわけでも無く地図には確かに県境の線が二本引かれていましたが変っているなと思いながらもその意味を理解しようとする事も無く日が過ぎましたがこのような経緯があったとは・・勉強になりました。
ミニミニ放送局
2008/06/29 09:33
ミニミニ放送局様
やはり自分と同じように、地図を見てこの県境に疑問を持たれた方も多いようですね。
それなのに、経緯についてはあまり知られていないのはどうしてなのか?本来なら、珍しい県境としてもっとPRし、観光にも役立てるとかの方法もあるかと思うんですが・・。
この事で、今も地元は県境を挟んで仲が悪い・・・などという話は聞いた事がないし・・新たな疑問が湧きます。
山いろいろ
2008/06/29 15:33
県境、町境等等・・・地図の上の線引きは
人間様の御都合主義?でしょう。
そんな摩訶不思議なことも起こる筈です。
徳さんのログハウスの隣は町境です。
時代が変わると少しづれているなんて事は
日常茶飯事で、境争いは何時の時代も何代
にも亘って深刻ですよ。(笑)
境の石がいつの間にか動いていたなんて話
はよく聞きますねぇ。(笑)
ログの大好きな徳さん
2008/07/19 09:33
ログ好き徳さん様
長い歴史の間には、いろいろと境界の変遷もあった事でしょう。こういった面白い境界にまつわる話には興味が尽きませんね。
県単位ではなく、市町村単位でわが町の境界を見ていたら、不思議な線引きが幾つも見つかりました。これらにもいろんな経緯があったであろう事は容易に察せられます。ますます興味は尽きません。
山いろいろ
2008/07/20 11:33
こんにちは!
わたしも地図を見るのが好きです(^-^)
秋田に行くときに東北の地図を買い、じっくり見ていてこのおかしな県境に気付き、ネットで調べたものです。
それと、飯豊山から北へ県境を辿ると、県境の線が引かれていない部分があるでしょう?最初、それこそミスプリかと思い、他の地図帳と見比べてもやはり、県境ラインが無いんですよ。そしてまたネットで調べました。
十和田湖もそうですが、県境の確定していない県が何県もあるらしいですね。面白いですね。こういうの大好きです(^-^)
みけ
2008/08/15 08:02
みけ様
県境の確定していない所や飛地は、まだまだ日本中にたくさんあるようです。こういうのって調べると興味はつきませんね。
じっくりと見ると、地図は際限のないミステリアスの世界ですね。この本は、それらの歴史過程や経緯を丁寧に書いているので面白く読めます。
山いろいろ
2008/08/15 10:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幅1mの県境が7.5kmも続く・・・飯豊山 山いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる